機能紹介

  • STEP5案件情報をカードで管理要員に紐付けて稼働状況を可視化

    STEP5案件情報をカードで管理
    要員に紐付けて稼働状況を可視化

    詳しくはこちら

STEP1取引先情報をプロファイリングし
一元管理

取引先一覧

リードから契約実績のある取引先まで、ステータスを見える化して管理をすることで、情報共有を円滑にし、営業パフォーマンスを向上させます。
また、CSV操作の機能では、コモレビに登録している取引先の一覧をCSV形式で出力できるだけでなく、表計算ソフトや他のシステムで管理をしている取引先情報をCSV形式でアップロードすることで、わずか数秒で取引先情報を一括登録をすることができます。

取引先登録/編集

企業概要はもちろん、SES営業に必須な商流情報や保有資格情報についても登録ができ、取引先情報を同一フォーマットでかんたん・きれい・素早くまとめることができます。
さらに、取引先ごとに取引条件を記録することができ、自社が取引対象かどうかを瞬時に判別します。
取引対象外の場合は検索結果やメール配信の宛先一覧から非表示にすることができ、人為的なメール配信ミスを削減します。

取引先担当者一覧

日々追加される取引先担当者を絞り込み検索で瞬時に探し出すとともに、各項目を昇順/降順に並び替えることができ、営業アクションのプランニングに役立ちます。
また、CSV操作の機能では、コモレビに登録している取引先担当者の一覧をCSV形式で出力できるだけでなく、表計算ソフトや他のシステムで管理をしている取引先担当者情報をCSV形式でアップロードすることで、わずか数秒で取引先担当者情報を一括登録をすることができます。

取引先担当者登録/編集

属人化しがちな取引先担当者単位の情報も一元管理することで、ドキュメント管理の工数を圧倒的に削減し、社内の情報共有をより活発にします。
基本的な取引先担当者情報からメールの配信条件までを細かくプロファイリングすることができ、社内のだれもが取引先担当者の詳細情報を把握可能に。
さらなる関係値の向上が期待できます。

STEP2ばら撒き営業に終止符
 
ほしい人にほしい情報を

配信メール一覧

「いつ、だれが、なにを送ったのか」を瞬時に探し出すことができ、また、色分けされたラベルで情報を見やすくすることでメールを探す手間を大幅カット。
反響営業での素早いレスポンスを可能にし、機会損失を防ぎます。
さらに開封情報を一覧で閲覧、昇順/降順にソートをすることで配信内容の分析や見直しを可能にし、メール配信の効果を最大化します。

配信メール予約/編集

かんたん4ステップで配信業務の工数を大幅に削減。もうBCC配信の設定をする必要はありません。
取引先担当者ひとりひとりの配信条件に基づき、数クリックでセグメント化から宛先選択までを可能に。
配信時刻を予約して、TO配信で取引先担当者に配信されます。
配信内容からターゲットを絞ったメール配信を実現し、効率と効果を向上させます。

STEP3マッチング作業の効率化と精度を向上

マッチングメール一覧

日々何百通と受信するBP企業からのメールをコモレビ上で一元管理することで、要員情報/案件情報へのアクセスを容易にします。
一般的なメールソフトではできない詳細な絞り込みを行うことで、マッチング作業の工数を大幅カット&マッチング精度を格段に向上させます。
また、過去のマッチングメールの分析をかんたんに行うことができ、データに基づいた提案営業を可能にします。

マッチングメール詳細

BP企業から受信したメールを表示するだけでなく、情報を付与してチーム内で共有することができます。
メール1通単位で担当者のアサインができ、「だれが担当しているか」を明確にすることでチーム内での連携を高め、機会損失を防ぎます。
また、メール1通ごとにコメントでのコミュニケーションが可能であるため、社内での要員情報/案件情報の共有を活発化させ、チーム全体で連携しながら成約達成を実現します。

自動マッチング条件

特定のキーワードや特徴を含むマッチングメールを受信した際に、ユーザーにメール通知を行います。
逃したくない要員情報/案件情報のマッチング自動化を行うことで少ないリソースで最大限のマッチング精度を実現します。

STEP4要員情報から契約情報をカードで管理

要員ボード

同一規格で要員情報を整理し、要員の営業状況や稼働状況をひと目で把握することが可能です。
また、詳細な絞り込み検索を駆使することで、反響に対して瞬時に要員提案を行うことを可能にし機会損失を徹底的に防ぎます。
カードのソート機能や優先度機能ではタスク管理をより行いやすくし、業務効率の向上をはかります。

要員カード

登録した要員情報を元に、契約管理から配信設定、反響確認までをストレスなく一気通貫で行うことが可能です。
配信メールテンプレートを使用することでワンタッチでの配信予約や、カード単位での配信履歴が自動で作成され、
開封情報取得アドオンと併用することで「誰が、いつ、どの要員メールを開封したのか」を取得することができ、数字を根拠にした反響分析を行うことができます。
要員ひとりひとりについてコメントでコミュニケーションを取ることができ、提案や並行状況などの連携をより強固にします。
また、チェックリスト機能では、要員に関するタスク管理状況をチームで把握しながら営業活動を進めることが可能です。

要員ガントチャート

要員の稼働状況を可視化し、ひと目で把握することができ、延長確認や単価アップ交渉抜け漏れを徹底的になくします。
期間や単金等の絞り込み検索を行うことで、反響に対する素早いレスポンスや代替要員の提案を瞬時に行うことができます。
突然要員探しの相談をされても、その場で提案を行うことが可能です。

STEP5案件情報をカードで管理
 
要員に紐付けて稼働状況を可視化

案件ボード

案件情報をカード形式で管理します。
案件の要点となる情報とステータスを瞬時に把握し、マッチング作業の効率化をはかります。
また、詳細な検索を利用することでアンマッチな提案を減らし、要員のグリップにも役立ちます。

案件カード

1つの案件に関する案件情報、契約情報、配信メールテンプレート、配信履歴を1枚のカードで管理します。
案件情報では、情報を同一規格で整理をすることで案件ごとの情報のムラをなくします。
日々BP企業から送られてくる案件情報を一元管理し、案件の温度感によって優先順位をつけて管理することで成約数の向上を手助けし、
過去の案件情報をストックすることでBP企業への掘り起こし営業が行いやすくなります。
また、配信メールテンプレートを使用することでワンタッチでの配信予約や、カード単位での配信履歴が自動で作成され、
開封情報取得アドオンと併用することで「誰が、いつ、どの案件メールを開封したのか」を取得することができ、数字を根拠にした反響分析を行うことができます。

案件ガントチャート

案件の稼働状況を可視化し、ひと目で把握することが可能です。
今までバラバラに管理をしていた案件と要員の情報を紐付けることで、より立体的な営業活動を手助けします。
案件の稼働状況や要員のアサイン状況を感覚的に把握することができるため、案件側と要員側の両面フォローを行うことができます。